majora compass

音楽仲間をつなぐ、古楽・クラシックコンサート情報

モーツァルトが愛した楽器vol.1/バセットホルンとクラリネット

2019/08/29 (木) 19:00

東京オペラシティ 近江楽堂

公演概要

失われてしまったバセットホルンの魅力を味わおう!

バセットホルンは、18世紀後半にイングリッシュホルンと入れ替わるように使われ始めた楽器です。どうして「ホルン」という名前が付いているのかというと、それは羊飼いが吹く角笛のイメージを持たせようとしたからに他なりません。実際、18世紀に作られたバセットホルンは、角笛のように管が曲がった形で作られていて、金管楽器のようなベルが付いています。こうした特徴は現在の楽器では失われてしまいました。今回のコンサートでは、バセットホルンが持っていた牧歌的な音を存分に味わうことができるでしょう。 音楽評論家 佐伯茂樹

公演詳細

公演名モーツァルトが愛した楽器vol.1/バセットホルンとクラリネット
日時2019年08月29日(木) 19:00開演
場所東京オペラシティ 近江楽堂
プログラムW. A. モーツァルト:
3本のバセットホルンのための《ディヴェルティメント》 K.439b より

C管クラリネットと3本のバセットホルンのための《アダージョ》 K.Anh.93
2本のクラリネットと3本のバセットホルンのための《アレグロ・アッサイ》 K.Anh.95
いずれも中村克己氏による補筆版初演

2本のクラリネットと3本のバセットホルンのための《アダージョ》 K.411

A. シュタートラー:
3本のバセットホルンのための《18の三重奏曲》 より ほか
出演者磯部礼奈、戸田竜太郎、満江菜穂子、山根孝司、横田揺子
料金全席自由:¥3,000  学生券:¥2,500
ウェブサイトhttps://eplus.jp/sf/detail/2968630001-P0030001P021001

MAJORA COMPASS|マヨラ・コンパス

クラシック音楽専門のキュレーションサイト(演奏会情報)。主に東京や首都圏で開催される、古楽/合唱/オーケストラ/声楽/オペラ/室内楽等の注目のクラシックコンサートを紹介しています。