majora compass

音楽仲間をつなぐ、古楽・クラシックコンサート情報

オーケストラ・リベラ・クラシカ/第43回定期演奏会

2019/06/29 (土) 15:00

三鷹市芸術文化センター 風のホール

公演概要

オリジナル楽器で古典派音楽を演奏する専門家集団、鈴木秀美率いるオーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)。風のホールでは4回目となる公演はハイドン、モーツァルトの有名作品が揃います。

公演前半はモーツァルトのオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』から、序曲と主役のフィオルディリージが歌う2曲のアリアです。気鋭のソプラノ中江早希が再登場します。モーツァルトを得意とし、各地のオペラやコンサートで引く手あまたの中江。2016年には風のホールでのOLC第37回定期演奏会でモーツァルトの演奏至難なコンサート・アリア2曲を歌い、公演のライヴ録音CDは「レコード芸術」誌で特選盤となっています。幅広い音域を用いる劇的な曲から、しっとりとした叙情的な音楽まで自在にこなす、水際立った歌唱をお楽しみください。

公演後半は、OLCが2016年に始めたハイドンのロンドン・セット交響曲演奏第5弾。このセットの中でも特に人気が高い第100番「軍隊」です。軍楽隊の楽器であった打楽器が加わる編成や、その曲調から「軍隊」と呼ばれるようになった作品で、トライアングル、シンバル、大太鼓などの打楽器が、軍隊風ともトルコ風とも言える雰囲気を出します。鈴木秀美には山形交響楽団を指揮した同曲のCDがあり、愉しさ溢れる演奏が話題となりました。今回は日本でなかなか聴けないオリジナル楽器の演奏で、曲本来の魅力を一層鮮やかに引き出します。

公演詳細

公演名オーケストラ・リベラ・クラシカ/第43回定期演奏会
日時2019年06月29日(土) 15:00開演
場所三鷹市芸術文化センター 風のホール
プログラムモーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より
・序曲
・アリア「岩のように」 [“Come scoglio”]
・レチタティーヴォとアリア「許して下さい、愛しい人」[“Per pietà ben mio”]
ハイドン:交響曲第10番 ニ長調 Hob.I:10
ハイドン:交響曲第100番 ト長調 Hob.I:100 「軍隊」
出演者指揮:鈴木秀美
ヴァイオリン:若松夏美(コンサートマスター)高田あずみ、竹嶋佑子、荒木優子、高田はるみ、堀内麻貴、山内彩香、髙橋奈緒
ヴィオラ:成田寛、森田芳子  チェロ:山本徹、野津真亮 コントラバス:今野京、西澤誠治 フルート:菅きよみ、前田りり子
オーボエ エドゥアルド・ウェスリィ、ヤス・モイスィオ クラリネット:満江菜穂子、山根孝司 ファゴット:堂阪清高、向後崇雄
ホルン:エルメス・ペッキーニ、ディメル・マッカフェーリ トランペット 神代修、霧生貴之 ティンパニ:菅原淳
打楽器:蓑輪飛龍、吉永優香
料金A席シングル6,000円より
ウェブサイトhttp://olc.hidemisuzuki.com/index.php?option=com_ohanah&view=event&id=513&Itemid=505

MAJORA COMPASS|マヨラ・コンパス

クラシック音楽専門のキュレーションサイト(演奏会情報)。主に東京や首都圏で開催される、古楽/合唱/オーケストラ/声楽/オペラ/室内楽等の注目のクラシックコンサートを紹介しています。